FC2ブログ

アダルトグッズのNLS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝が来る前に

僕らは天井を見上げたまま

ずっと何も言えずにいる

「もう逝かなくちゃいけないよ」

そう胸のフィラメントがつぶやく

がそっと言うよ

「離れたくない」って

うん わかってるけど

朝が来れば僕ら旅立つ

ほら朝がもうそこまで来ているよ

君がくれたこの温もりに

このまま触れていたいけれど

朝が来るその前に逝こう

悲しい事も連れて行くよ



スポンサーサイト
[PR]

ドライオーガズムを言葉で表現する

ドライオーガズムに至ったその瞬間について

「全てが気持ち良いと感じる」

が正しい表現かなぁ・・。

とにかく何もかもが気持ち良い

乳首が普段の2倍以上感じるし、アナルも2倍以上気持ち良い。
言ってみれば、体をひねる動作、腕を持ち上げる動作でさえ気持ちいいと感じる。

普段息するのが気持ち良いなんて思った事はないけど、
この時だけは息するのも気持ち良い。

何もかもが気持ち良いと感じる。

絶頂した後すぐにくる幸福感がまた良い。
すごく幸せになる。
全身が幸せになる。

自分が幸せだなあってしみじみ感じる時って日常にはないよね。
これは社会的に幸せなことだから幸せなんだって認識してるだけで、
本当の幸せって感じた事ない。

けどこればっかりは本当の幸せだと感じられる。

この幸福感こそドライオーガズムの醍醐味なんだよね。

あとこれをやることによって得られる物といえば、

集中力。

ぶっ飛ぶのならものすごい集中力が必要になる。
日ごろ集中したなぁって思ってる時の数倍集中してるから。
体の中にふらふらしてるいろんなものを一点に集めてくる。
頭の中にブラックホールみたいなものを作る感じかな。
玉のような物。なんともいえない作業。

これがすごい日常に活きてる気がする。
こうやって集中するんだってわかったから、何かする時でもそのイメージを
作ってやれば暗記の類は難なくこなせるようになった。

あと精神のリフレッシュ効果すごい。
もやもやしてる時とかのいやーな気分とかなんかが一気に吹っ飛ぶから。
ストレッサー(外的要因)ですら無にしてる感じ。

いろいろ効果があるように見えて、やはりある。

悪い所

とにかく疲れる。精神は安らぐけど体はリアルにくる。
全身疲労がすごい。緊張と弛緩を繰り返してるから当たり前かもだけど。

10時間くらいドライを続けたら、足の付け根の辺りがものすごく痛くなったことがあった。
たぶん精液が逃げ場を失ってたからかなと思うけど、これ大丈夫かなって思った。

何事もやりすぎは良くない。毎日してた時があったけど、二日くらい寝込んだことがあった。
体の体温調節ができないような感じで熱もっちゃって、結構大変だった。

あと汗かくからものすごく臭い。夜やって朝起きたら臭い時がある。
お風呂は入れるならそれでもいいけど、冬とかは毎朝とか無理だからきつい。
会社いってデスクに座ってる時に周りに迷惑がかかっていないか心配になる。
精液の匂いもわかるし、ホルモン的な匂いもわかるよねなんとなく。

あとお金かかる。

初めのころはこれがいいのかなとか、あれがいいのかなとかいろいろ買ったりして
ディルド、エネマグラ他たくさんのグッツ達が家の中にあった。
一月に何万円もグッツかって試して、捨てるのに困ったりして。
ありとあらゆるものを試して、やっと気づいたけどディルド一本でいいかな。
最近もいろいろ買うことあるけど、買うのは女装物だけかな。

ドライオーガズムはどちらかというと一級品よりもやり方の方が大切。
やり方さえマスターすれば粗悪品使ってようが逝けるし、
粗悪品使うくらいならいらないっていう風にいらなくなってくる。
どんどん簡素化して自分の中で体系化して標準化する。

アプローチは違っても行き着く所は同じだから毎度。
ここまでいけばあの状態になるってわかるようになるよ。何回もやってると。

あとはなんだろう。こんなくらいかな悪い所といえば。

いい所もあれば悪い所もあるけど、良い所のほうが私にとっては上かな。
適度に楽しむものとして考えるなら、日常に取り込んでも支障はないと思う。
重きは日常で日常をより活性化する方法としてのドライオーガズム。

オーガズムを素直に受け入れられるかによる。

ドライオーガズムに至るには突き抜ける精神力が必要。
オーガズムを感じている人を総じて見ると幸せそうに見える。
どんな動画を見てもそれに至った人には何か悟ったように見える。
特に女性の場合、それは骨身に染み渡っているように見える。
何も悪いことはないように思える。そう思うことは大切である。
心を解き放て。これは本当に大切。限界を突破する。
身体的制限による快感の限界がある男性にとって、身体的制限を越えるには

精神力以外のものはない。

バネを縮める、限界まで縮める。反動はオーガズムの大きさであり、女性より実は大きいと思う。

会陰部締付ドライ

最近のトレンドといえば

「会陰部締め付けと連動した呼吸法によるオーガズム」

やり方は

1.勃起状態を維持し、会陰部を締付ける
2.締め付けながら息を吸い、8割ほど息を吸い込んだらそこで止める
3.息を止めながら、会陰部を締め付けそのまま維持する
4.ある程度快感が溜まったら、息を吐くと同時に会陰部の締め付けをやめる

2~4を順番に行う

息を止めてる間は、会陰部に意識を集中させ、感度を上げていく。
最初は勃起しているペニスも次第に落ち着きます。
何回かやっていると、そのうち息を止めてる状態でオーガズムに達する。
息を止めているときのオーガズムは男性型、いわいる射精感。

しかし射精はしません。

オーガズムに達し、息を吐く時は幸福感が得られる。

一度味わえば何度でも繰り返しオーガズムに至れました。

さらにそれを繰り返すと全身性感帯状態になり、女性型オーガズムに移行しました。

基本道具は何もいりません。

会陰部周辺の筋肉を5~8割(ある程度強め)のパワーで締付けていると、
筋肉が痙攣してきます。痙攣は息を吐き出すと同時に解除されます。
その緊張と弛緩の定期的な交差がオーガズムを生んでいる可能性が高いです。

これは非常に簡単にできます。道具使うのがめんどくさい時なんかにお勧めかも。

Template Designed by DW99

グロースファクター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。