FC2ブログ

アダルトグッズのNLS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライオーガズム方法(導入編)


ドライオーガズムの方法(管理人体験談)

右の図の”prostate”と太字でかかれた部分が前立腺になります。

膀胱の真下にあるクルミほどの大きさの器官です。
肛門から4~5cmほど奥、感覚でいうと人差し指第2間接あたりでしょうか。

役割は排尿などの制御や、前立腺液(先走り汁)の排出などが主な役割です。ここを刺激してあげることで激しい快感を得られます。あくまでも内臓であり、体にとって必要な臓器であるということを考えた上で、十分な知識をもって実行することが大切です(これ大事)。何事もやりすぎには十分注意したほうがいいでしょうね。

説明のほうは詳しく乗ってるサイトなどを見て頂ければいいと思いますので、
ここからは体験談などを書いていきたいと思います。

書く言う私は1年前くらいにこのオナニー法を知ってからと言うもの、正直のめり込みました。

「はやく女の子みたいなオーガズムを感じたい」
2jiero_ahegao_9053001.jpg


ただその思いだけでひたすら修行(?)の日々を繰り返しました。
今私、修行と書きましたけどもドライオーガズムに達するまでにはいろいろと困難な道のりがあります。

人によっては一日(これは無理でしょう)、または1年、2年、6年・・いつまでたっても達しない。
そんな方もいらっしゃると思います。あくまでも体験談ですが私の方法でも参考になればと思い書いていきます。

ドライオーガズムに必要な主な条件

1.イメージ力(受身)

2.環境(体調、体温、プライバシー)

3.道具(エネマグラ、ディルド等)

4.体勢(うつ伏せ、側位、仰向け等)


私にとって一番大切なのはこの4つです。

詳しくは次の記事に書いていこうと思います。
スポンサーサイト
[PR]

この記事のトラックバックURL

http://musume072.blog.fc2.com/tb.php/15-b1efd529

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

グロースファクター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。