FC2ブログ

アダルトグッズのNLS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の誘惑

忍び寄る影


ebf06cb6cb7dafedd620e39986c115d4.jpg

名古屋に行ったときに、昼ご飯たべようと思って、
いろいろ見て回ってたんだけど、ちょっと時間がなかったので、

「なんでもいいや、空いてる店でいいやぁ」

とりあえずぶらぶらしながら空いてそうな店を探す。
さすがに昼時、どこもすぐ食べられそうな店がない。

と、見つけたのが中華飯店。

人が結構いたけどすぐ座れた。
んで相席になった人が女の人で、リクルートスーツ着てる人。

「就職活動かな?」

と思いながら、とりあえず座った。
その人は普通のラーメンを食べてたんだけど、

その食べ方

いや・・わかるんです。そうやって食べるのがふつうかもしれません。
服が汚れる、器官が弱い、猫舌・・いろいろあると思う。

でも・・

やっぱりこうやって食べたいです!ラーメンは


ちゅるちゅるちゅる

7362b0b1.jpg

レンゲに麺を少し入れて、スープいれて、小さいラーメン作ってレンゲまま食べる。
あまりそういう人と食べたことなかったので、感じなかったんだけど、

「あの食べ方っておいしいのかな?」と思った。

で、近所のラーメン屋に行ったときにやってみた。

ちなみにこういう感じです↓
A984_Z3.jpg

たしかに服に飛ばない。
無駄に熱くない。
(時間はかかります)

合理的だなと思いました。

でも・・やっぱりススリたい

ちゅるちゅるちゅるってしたいんです。

酸欠状態って気持ちいいじゃないですか。
たぶん、ラーメンもあのすすってる時間、脳が軽い酸欠状態になってて、
ラーメン=気持ちいい=おいしいっていう認識をしてるんじゃないかなって。

ドライも気持ちよくなってきたら息とめてみるとさらに気持ちいいです。

そもそもラーメンなんて食べないっていう人にはどうでもいい話ですが、
なんとなく思い出したので♪
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

この記事のトラックバックURL

http://musume072.blog.fc2.com/tb.php/60-687345c8

コメント

初めまして
こちらのブログを参考にさせていただきながら、ドライに挑戦していたのですが、この度めでたく(笑)到達できたようなので、勝手ながら初めてコメントさせていただきます。

私はゲイでもGIDでもなく、単に女装趣味があっただけなのですが、趣味が高じてアナルに興味を持ち、自分で拡張しながら、本物も経験しました。
アナルで快感を得られるようになったものの、同性には恋愛感情が持てないため、恋人的な相手は持った事がなく、二桁前半ぐらいの男性経験があるものの、アナルだけで逝った事はありません。

とは言え、アナルに挿入されても勃起はせず、場合によってはトコロテンする事もありました。

年齢的にかなり熟になるので、ここ5~6年は本物とは遠ざかり、アナニーしながらトコロテンで逝くというのが普通でした。

以前からドライは経験したかったのですが、前立腺の快感はあるものの、最後の壁が越えられませんでした。
そんな時にこちらのブログに出会い、想像力に重点を置きつつ、ドライに挑戦していました。

で、この度射精せずに(…小豆一粒ぐらいの精液が出ていましたが…)今まで体験した事のないレベルの逝き方をしました。
射精する時の爆発的な快感の波が、約1分ほどでしたが持続し、身体中が痙攣するような感じで、完全にではないけれど意識が飛びそうになりました。


私の場合は、エネマグラのような形のアナルプラグを使用しました。
長さが10cmぐらいあるのですが、先端が前立腺の位置に来るように根元の部分を細めのロープで巻き、5cm以上入らないようにしました。
その状態でアナルに挿入しますが、5cmしか入りませんので、すぐに抜けるのを防止するため、ロープで簡単に固定し、その上からパンティを穿きました。
まず、先端が前立腺に当たった状態で、ゆっくり刺激したり、バイブを当てたりして、前立腺を起こして(?)やりました。
前立腺が熱を持ちだした状態になれば、次に椅子に浅く腰掛けました。
プラグは半分ぐらいはアナルの外に出ていますので、やや前傾姿勢になると、出ている部分が後ろに倒れる分、先端は前立腺を押す感じになります。
あくまでもソフトに、前立腺をジワーッと押す感じのまま、両手で乳首をさわさわしながら、目をつぶり妄想を始めました。

前立腺が押されている事に神経を集中し「本物のペニスの亀頭」が当たっている想像をしました。
そして「当たってる…おチンポ当たってる」と口に出して言ってみました。
口に出す事で、さらにプラグが本物に思えてくるので、さらに神経を集中しました。
この頃には、自分のペニスの存在すら忘れるぐらいで、子宮にペニスが挿入されている画像が浮かんでいました。
さらに、神経を集中させながら、「おチンポ当たってる…気持ちいい…当たってる…当たってる…」と呟いていると、前立腺のあたりから大きな快感が込み上げてきて、一瞬意識が飛び、身体が硬直したように強ばりました。
暫くその状態が続いたため頭は全く回らず、快感の波に流されるままになりました。

徐々に緊張が取れ、頭が冴えてきて冷静になり、パンティの中を見ると、ペニスは萎えた(包茎)のまま、僅かに精液らしきものが付いている状態で、普通に射精はしていませんでした。

射精していないからか、完全に気分は冷めず、相変わらず前立腺が微妙に気持ちいい状態だったので、続けて出来そうでしたが、こちらに書いておられるように、大量に汗をかいていたので、なんとなくそれで終了しました。

しかし、プラグを抜いたそばから、また気持ちがエロモードになりアナルがヒクヒクしてしまいました。

時間の余裕があれば、まだまだ続けていたと思います。

おそらく、これがドライだと思うのですが…

これ以来、射精欲が極端に減ってしまいました。


こんなに大きな快感があるとは!という驚きと共に、こちらのブログがとても参考になりましたので、お礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

グロースファクター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。